りくカフェ本設

これは、東日本大震災において甚大な被害を受けた陸前高田市にコミュニティカフェ「りくカフェ」をつくり、被災した地域のみなさんと一緒に運営を続けているプロジェクトである。
 震災後間もなく、高台にプレハブを建設し診療を再開した医師・歯科医やその家族らと、東京大学・首都大学東京の研究メンバーらがチームを発足し、敷地全体が地域の憩いの場となることを目指して計画を進めた。まずは早さを重視して2012年1月に仮設のカフェをオープンし、3年間の活動によって、市内外から人が訪れ、月に数回イベントを行ったり、生協の移動販売車が立ち寄ったりするような地域の拠点として成長した。一方で敷地が復興道路の計画地にあたること、仮設建築物で使用期限があること、トイレやコンロがなく設備が不十分なことから、今回それらを改善し、面積を倍にして建て替えを行った。10月5日にオープンを向かえた本設は、昼間のランチなどを中心に多くの人で賑わい好調な滑り出しだ。
 外観は、周囲にとけ込みながらも地域のアイコンになるよう、勾配屋根を基本にしながらも、大きな開口部が空いた開放的な建築とした。板金は、この形状を活かし、シャープさと温かさを与えるために、屋根にはブラウンとガンメタの斑の一文字葺き、外壁はブラウンのジグのスパンドレルを利用した。


設計

株式会社 成瀬・猪熊建築設計事務所http://www.narukuma.com/ 


施工

株式会社 吉田建設


撮影

西川公朗


ご採用製品(面材)

ZiG + 本掛一文字


ご採用製品(面材) タニマットカラー

ブラウンガンメタ


ご採用プラス・ワン製品(雨とい)

丸たてとい


ご採用プラス・ワン製品(雨とい) タニマットカラー

ブラウン