ひとつなぎの家

周辺環境は古くからある住宅街であり、昔ながらの家が立ち並ぶ中、外観のデザインもモダンなものではなく、ある程度、周辺と馴染むようなデザインが良いと考えた。

そこで、ファサードは家の象徴であるような、切妻屋根の「家型」となる外観にデザインしました。

「家型」を強調するために、それを構成する素材はシンプルなものが良いと考え、Zigを採用しました。

さらに、トイもZigによく馴染む、ガルバの半丸のトイを採用。

エントランスにあたる、白い空間にはhacoのホワイトを採用しました。

Zigは「家型」という形を強調するとともに、陽のあたり方によって色が変化して見えるので、シンプルな外観でありながら、どこか風合いのある外観を生み出してくれたと思います。

また、トイに関しても、主張しないデザインなので、建物とよく馴染んで、異物感を感じさせないさりげなさも気に入っています。


設計

株式会社天美住建一級建築士事務所 上田英和 http://amamihome.net/


施工

株式会社天美住建


撮影

有限会社カプセル 川井 征人


ご採用製品(面材)

ZiG(スパンドレル)


ご採用製品(面材) タニマットカラー

シルバー


ご採用プラス・ワン製品(雨とい)

スタンダードHACO丸たてとい


ご採用プラス・ワン製品(雨とい) タニマットカラー

シルバーホワイト