映文連 国際短編映像祭 映文連アワード2018

終了

閲覧数

524

(1)大賞
最優秀作品賞(グランプリ) 1点
文部科学大臣賞       1点
経済産業大臣賞       1点
優秀作品賞(準グランプリ) 3点

(2)部門優秀賞
コーポレート・コミュニケーション部門 部門優秀賞 5点以内
ソーシャル・コミュニケーション部門  部門優秀賞 5点以内
パーソナル・コミュニケーション部門  部門優秀賞 5点以内

(3)特別表彰
優秀企画賞  数点
i賞(個人賞) 1名


各賞には、賞状および副賞(トロフィー)を贈ります。

日程

2018年4月1日~2018年5月31日

募集内容

「映文連アワード」は、プロフェッショナルの仕事にふさわしい作品を積極的に発掘・顕彰することによって短編映像業界の活性化を図るとともに、次世代を担う新しい才能(学生・個人)を発掘し、映像業界のインキュベータとしての機能を担うことを目的として、2007年に創設された短編映像祭です。

今年12年目を迎える『映文連アワード2018』のコンセプトは「クロッシング(交差・横断)」。
キャッチコピーは“光の川を泳ぐ。時代を渡る。夢と夢を結ぶ”。
いま、映像コンテンツは大きく変貌しつつあります。「短編」を単に個々の作品だけに留まることなく、「テーマ」「アイデア」「技法」などを自由に横断、交差させて、“感動”に通じる「物語」を創り出す映像製作者たちを応援してまいりたいと思います。

なお『映文連アワード』は、2010年より始まった「映文連 国際短編映像祭」の一環として行われます。海外映像祭との連携を深めながら、人々と共感し合えるショートフィルムをより多くの人々に知っていただけるよう、今年も東京・大阪に加え、札幌・沖縄などでも上映会を展開してまいります。

『映文連アワード』の公募部門は、「コーポレート・コミュニケーション部門」「ソーシャル・コミュニケーション部門」「パーソナル・コミュニケーション部門」3部門からなります。
経験豊かなプロデューサー・ディレクターによる1次審査、映像評論家などの審査員による2次審査を経て、最優秀作品賞(グランプリ)、文部科学大臣賞、経済産業大臣賞、優秀作品賞(準グランプリ)、部門優秀賞、優秀企画賞、優秀技術賞、ⅰ賞(個人賞)、その他の特別賞が決定します。

さまざまなメディアで映像コンテンツ製作に携わる方々、大学や専門学校などで映像製作を志す学生やグループなど、たくさんの方々の参加・ご応募をお待ちしています。

公式サイト

公式サイトへ

関連するコンテスト情報

「ふるさと石岡映像コンテスト」は,茨城県石岡市が主催する,映像コンテストです。 茨城...

2015年から始まった大須にじいろ映画祭。その映画祭で上映する作品を公募いたします。応募作...

デジタルコンテンツやソフトウェア(アプリ)の企画や制作、募集等の機会を設けることにより、コ...

北海道農政事務所は、北海道の食文化の保護・継承を目的とし、動画コンテストを実施します。 ...

7回目となった、OAC学生広告クリエイティブアワード 。 デザイン、映像、コピー、企画な...

土地家屋調査士は、不動産の表示に関する登記に関わる国家資格です。 皆さんは、「土地家...

お知らせ

◆スマートフォンに対応しました。
◆詳細ページに、関連するコンテスト情報が見えるようになりました。

コンテスト開催システムのお問い合わせはこちら