SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017作品募集

終了

閲覧数

88

■長編部門(国際コンペティション) 

・最優秀作品賞
・監督賞
・脚本賞
・SKIPシティアワード

■短編部門(国内コンペティション) 

・最優秀作品賞(副賞:SKIPシティアワード)
・奨励賞(2作品)

■アニメーション部門(国内コンペティション) 

・最優秀作品賞(副賞:SKIPシティアワード)
・奨励賞(2作品)

※予定。詳細は後日発表します。(2016年賞金総額:330万円)

日程

2017年1月5日~2017年3月1日

募集内容

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスした映画祭として、若手映像クリエイターの発掘を目的に、2004年から毎年埼玉県川口市で開催しています。

2017年7月15日(土)~23日(日)に、14回目となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」を開催します。

今回、本映画祭のメインであるコンペティション部門(長編、短編、アニメーション部門)の作品を公募します。

長編部門は世界中から、短編部門とアニメーション部門は国内からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、ノミネート選考審査を経て映画祭期間中に上映します。また最終審査を経て、表彰式にて各賞を授与します。

過去本映画祭からは、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)、アンドレアス・エーマン監督(『シンプル・シモン』)をはじめ多くの若手監督が羽ばたいていきました。直近でも、2012年に『チチを撮りに』で日本人初の長編部門・監督賞を受賞した中野量太監督が、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16年10月29日公開)で商業映画デビューを果たし大きな話題を呼び、また2013年に『神奈川芸術大学映像学科研究室』で長編部門・審査員特別賞を受賞した坂下雄一郎監督の商業映画デビュー作品『東京ウィンドオーケストラ』が、2017年1月21日から公開されるなど、本映画祭の出身監督が目覚ましい活躍を見せています。

当映画祭は、2017年も“若手映像クリエイターの登竜門”として、映画界の未来を担う新たな才能の発掘の場となることを目指して開催して参ります。

<募集部門>

■長編部門 (国際コンペティション)

公式サイト

公式サイトへ

関連するコンテスト情報

フランスの作曲家リュック・フェラーリが録音したサウンド・アーカイブを使用した作品によって競...

六角形を基本とした精緻で清らかな雪の結晶。それは自然が造る最も美しいものの一つといえるでし...

本映画祭は、無名の映画監督、映像作家、俳優などの新人映画人を発掘し、 将来「新人映画監督...

JCAAは1984年よりアートの国際交流を主体に国内外で活動しております。 この度、JC...

今回の映像作品募集対象曲は、drawin dollの楽曲「聖者凱旋」となります。 ...

和歌山県田辺市で11月に開催している「田辺・弁慶映画祭」のコンペティション部門における作品...

お知らせ

◆スマートフォンに対応しました。
◆詳細ページに、関連するコンテスト情報が見えるようになりました。

コンテスト開催システムのお問い合わせはこちら