SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017作品募集

終了

閲覧数

10

■長編部門(国際コンペティション) 

・最優秀作品賞
・監督賞
・脚本賞
・SKIPシティアワード

■短編部門(国内コンペティション) 

・最優秀作品賞(副賞:SKIPシティアワード)
・奨励賞(2作品)

■アニメーション部門(国内コンペティション) 

・最優秀作品賞(副賞:SKIPシティアワード)
・奨励賞(2作品)

※予定。詳細は後日発表します。(2016年賞金総額:330万円)

日程

2017年1月5日~2017年3月1日

募集内容

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭は世界に先駆けてデジタルシネマにフォーカスした映画祭として、若手映像クリエイターの発掘を目的に、2004年から毎年埼玉県川口市で開催しています。

2017年7月15日(土)~23日(日)に、14回目となる「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2017」を開催します。

今回、本映画祭のメインであるコンペティション部門(長編、短編、アニメーション部門)の作品を公募します。

長編部門は世界中から、短編部門とアニメーション部門は国内からエンターテインメント性とデジタルの新たな表現の可能性を感じる作品を公募し、ノミネート選考審査を経て映画祭期間中に上映します。また最終審査を経て、表彰式にて各賞を授与します。

過去本映画祭からは、ヌリ・ビルゲ・ジェイラン監督(『うつろいの季節(とき)』)、白石和彌監督(『ロストパラダイス・イン・トーキョー』)、アンドレアス・エーマン監督(『シンプル・シモン』)をはじめ多くの若手監督が羽ばたいていきました。直近でも、2012年に『チチを撮りに』で日本人初の長編部門・監督賞を受賞した中野量太監督が、『湯を沸かすほどの熱い愛』(16年10月29日公開)で商業映画デビューを果たし大きな話題を呼び、また2013年に『神奈川芸術大学映像学科研究室』で長編部門・審査員特別賞を受賞した坂下雄一郎監督の商業映画デビュー作品『東京ウィンドオーケストラ』が、2017年1月21日から公開されるなど、本映画祭の出身監督が目覚ましい活躍を見せています。

当映画祭は、2017年も“若手映像クリエイターの登竜門”として、映画界の未来を担う新たな才能の発掘の場となることを目指して開催して参ります。

<募集部門>

■長編部門 (国際コンペティション)

公式サイト

公式サイトへ

関連するコンテスト情報

武雄市のPRのために、まちの魅力を市民目線で発掘し、ムービー(動画)やインスタグラムでの写...

ガーディアン・ガーデンでは、若手クリエイターの個展開催の権利をかけた公募展、第18回「1_...

「ふるさと石岡映像コンテスト」は,茨城県石岡市が主催する,映像コンテストです。 茨城...

お父さんを応援するdaddly(ダッドリー)が今年も動画コンテストを開催! テーマは...

映像制作会社「オフィスクレッシェンド」が次代を担うクリエイターの発掘・育成を目指して創設し...

「ゲンビ『広島ブランド』デザイン公募2017」は広島にちなんだモノ・コトにまつわるデザイン...

お知らせ

◆スマートフォンに対応しました。
◆詳細ページに、関連するコンテスト情報が見えるようになりました。

コンテスト開催システムのお問い合わせはこちら