主催:小松市、小松市立宮本三郎美術館、宮本三郎記念デッサン大賞展実行委員会

Komatsu Biennale2017 第4回宮本三郎記念デッサン大賞展「明日の表現を拓く」

締め切りまで 160

閲覧数

50

大賞 1点 副賞100万円
宮本三郎記念賞1点 副賞50万円
優秀賞 2点 副賞30万円
佳作4点 副賞 10万円
その他、企業協賛による特別賞等を設ける場合があります。
※入賞・入選あわせて約50点

日程

2017年4月1日~2017年6月30日

募集内容

一本の線から生まれたかたちには、それを描いた人の感性や心の動きが表れ、それぞれが独特な表現への可能性をひめています。デッサンの名手と呼ばれた宮本三郎は、「一枚の白紙と一本の木炭があれば、その精神が対象と一体となって、充分の活動を開始する。」と述べています。
この大賞展は、線や様々な手法によって生み出される豊かな表現を求める場として生まれました。新しいデッサンの表現の地平をおし広げるための一本の線、また、新鮮な技法、未来を拓く独創的な表現を求めます。

【審 査 員】
荒井良二(絵本作家・イラストレーター)、鴻池朋子(現代美術家)、小澤基弘(埼玉大学教授・画家)、橋本善八(世田谷美術館学芸部長)、皆川 明(デザイナー)(五十音順)
【展 覧 会】
≪小松展≫
会期:平成29年9月23日(土)~12月3日(日)
会場:小松市立宮本三郎美術館
≪東京巡回展≫
会期:平成29年12月16日(土)~平成30年3月18日(日)[予定]
会場:世田谷美術館分館 宮本三郎記念美術館

※この他、詳細はHPをご覧ください。

公式サイト

公式サイトへ

関連するコンテスト情報

フランスの作曲家リュック・フェラーリが録音したサウンド・アーカイブを使用した作品によって競...

六角形を基本とした精緻で清らかな雪の結晶。それは自然が造る最も美しいものの一つといえるでし...

テーマはいつまでも守り続けたい「日本の自然」。風景や動植物、人間の営みなどをストレートに表...

【コンテスト概要】 「日向ひょっとこ夏祭り」は毎年8月の第一土曜日に宮崎県日向市で開催さ...

WILD MIND GO!GO!サイトのHow Toを体験し、その様子を画像つきで「やった...

読売広告大賞は、1984年に読売新聞創刊110年記念事業としてスタートしました。読者ととも...

お知らせ

◆スマートフォンに対応しました。
◆詳細ページに、関連するコンテスト情報が見えるようになりました。

コンテスト開催システムのお問い合わせはこちら